結い相続支援センターは、公認会計士事務所を母体とし、中央区北浜の大阪証券取引ビルにある相続・資産管理支援の専門センターです

相続個別相談初回無料
0120-430-426
ホーム > 老後の不安に対する備え

老後の不安に対する備え


両親の財産を利用・活用できなくなる (資産凍結) リスクをご存知ですか

nayami_01

 

nayami_02

 

 

親が認知症になった後では

子供であるあなたが代わりに預貯金の引出、不動産の売却や修繕、管理等をすることはできません!

認知症対策をされないのは大変危険です。

両親の「万が一への備え」を、私たちと一緒に考えてみませんか?


自分の財産なのに自分で管理できなくなる・・・そんな不安はありませんか?

お悩みチェックリスト

お悩みチェックリスト (クリックすると拡大されます)

右のチェックリストで気になるものをチェックしてみてください。
年齢を重ねていくにつれ、自分の財産を自分一人で管理することが不安になったり、負担に感じることがあります。

特に認知症などにより、判断能力が衰えてきてしまうと、必要な時に財産を処分する(不動産の売却や定期預金の解約等)ことができなくなる恐れがあります。

また、自分が元気なうちに財産を早めに次代に引き継いで、管理の方法などを教えていきたいということもあると思います。

財産の管理や処分を自分以外の人に任せることも、
私たちと一緒に考えてみませんか?


対応策は、ひとつではありません

私たちがお客様の「不安を解消」し、「想い」を形にするお手伝いをいたします。
まず最初に、お客様が不安に思われていること、実現したいことや、想いの背景にある事柄をお聞かせください。そして、何を使えば実現できるかどうかを一緒に考えます。
ichiran

 

お悩みを解決する方法は1つではありません。それぞれの特徴・メリット・デメリットをふまえて検討します。ご家庭の事情や財産状況を考えると、生前贈与や遺言書、法定後見などの方法の方がフィットするかもしれませんし、家族信託と併用することをお勧めする場合もあります。お客様の想いをもっとも確実に実現できるプランを、一件一件オーダーメイドで設計し、ご提案いたします。

法定後見制度とは
遺言書とは
家族信託とは


サービスのながれ

service


料金

当社事務所での初回相談 (約60分) は無料です。

お悩み解決 ご提案サービス    万円 (税別)

※財産の調査や資料の収集にかかる費用は別途実費をいただきます。

家族信託設計コンサルティング

ryokin1

ryokin2



メールでのお問い合わせはこちら
ページトップ